categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
categoryラズベリーブックスの王子さま

「恋のたくらみは公爵と」 ジュリア・クイン

trackback0  comment0
恋のたくらみは公爵と (ラズベリーブックス)恋のたくらみは公爵と (ラズベリーブックス)
(2008/01/10)
ジュリア・クイン

商品詳細を見る

「舞踏会の夜、望まない求婚者から2度目のプロポーズを受けて
困り果てていた子爵令嬢ダフネ。
そこに現れたのは、長い海外生活から帰国したばかりの公爵、サイモンだった。

二人は意気投合し、あるたくらみを思いつく。“つき合っているふり”をすれば、
独身主義者サイモンは“野心に満ちた母親とその娘”たちから逃れられるし、
しばらくして解消すればダフネには“公爵を振った”という箔がつく。
望ましい男性からは“いい友人”としか見られない現状を変えられるだろう――。

初めは演技だったはずが、やがてサイモンはこの状況を楽しんでいることに気づく。
しかし自分には、ダフネの欲しがる家庭を与えることはできない……。
すれ違う恋の結末は?<ブリジャートン>シリーズ、待望の第1作! 」

『まだシリーズの1冊目を読んでいなかったなんて!』
二〇一〇年五月二十一日付 <レディ・oneoeightのロマンス日記より>


王子さま度:・5
口ではなんだかんだ言っててもヒロインがいないと
ダメダメなヒーロー。

強く揺るがない自信を持っているように見えて 実はコンプレックスがあり
それ故にチラッと垣間見える繊細さがギャップスキーの私にはたまらん

*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*

父親に虐げられた子ども時代を忘れる事が出来ない心傷ついたヒーローと
明るくしっかり者のヒロインとのお話。

一度すれ違うとH/Hがツンケンして痛いだけの話が多いけど、
これは愛があったからオゾゾ~な感じにならなかった(´▽`)b 

「問題」を家族に丸投げせず、自分達で解決しようとするヒロインの
大人な対応とヒーローのメロメロさが好きな展開で楽しく読めた♪
最後、ヒーローの憑き物が落ちてよかったね。

8回のお勤め!(笑)度☆5
また読みたい度80%

ウィットに富んでるけど切なくもあり、盛りだくさんでオモシロかった。
やっと兄弟の絆や関係性が理解できたかも(笑)


ロマンスのサイトの「Romance Cottage」さまと「Romace Novel Union」さまに
こんなへっぽこサイトですみませんすみませんと呟きながらリンク登録してみました。
(「Romace Novel Union」は本登録まだですが。通るかな??
↑22日に本登録されましたvv

今まで通っていた所に登録する私ってなんかなんか・・・アツカマシクナイ?|д・) ソォーッ・・・
こんな辺境サイト大丈夫かな・・・?
もしこられた方いましたら、どうかヨロシクお願いします

登録する時、何が困ったってテキトーにつけたブログの名前なんだけどね(爆)
ここのサイト名「母をたずねて三千里」のパロのつもりで付けたんですが
(わかりました?そこもスベッテル?)

「王子さまをたずねて3000冊☆」←この「☆」は何・・・?

自分でも何故「☆」を付けたのか分かりません(哀愁)


拍手コメントありがとうございました♪お返事は↓です
コメントありがとうございます♪
読んでないお仲間がvv 私もなんとなくもういいかなぁ・・・と思ってたんですが、
読んでみるとなかなか好感度高かったですよvv
 
私が読んだのはCとEのお話なんですが、これを読んでたら兄弟出てきた時に
もっと盛り上がったのかも~って思いました
web拍手 by FC2
 









        
 
http://dokudokidokusyo.blog58.fc2.com/tb.php/47-e9f52156
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。