categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
categoryシルエット・ラブストリームの王子さま

「ひと粒の涙」 ダラス・シェルツェ

trackback0  comment0
ひと粒の涙 (シルエット・ラブストリーム)ひと粒の涙 (シルエット・ラブストリーム)
(1997/03)
ダラス シュルツェ

商品詳細を見る

「アディーの乗った小さな飛行機が猛烈に揺れたとき、死という言葉が
彼女の脳裏をよぎった。隣の操縦席の男の表情も厳しい。
眼下にはロッキー山脈の荒々しい山並みが広がって感動的な美しさだが、
景色どころではなかった。

「あそこに着陸する」ふいにコールの声がした。着陸できるような平坦な
土地はないのに?アディーは驚きの声をあげたが、彼はその気だ。
耳をつんざく轟音。何もわからなくなり、気がつくとコールが立って
近づいてくるところだった。助かったのだ!飛行機は破損したが命は助かった。

だが救助隊が現れる気配もないまま時が過ぎていく。
山中に二人。四日目、ついにアディーは―。」

気になるのがこの本の表紙。
100517_1845~01
ヒロイン 「こらっ!イタズラばっかりして
      ぶつけちゃうぞ♪」
ヒーロー 「あはは~
と雪山でイチャイチャ楽しそうにしてますが・・・

雪山では『飛行機不時着で危機一髪!二人はボロボロ』
こんな表紙みたいにノンキなシーンはなかったYO!


王子さま度:
遭難した時は頼りがいがあって、恋に落ちたら途端に不器用で
一生懸命ってとこがカワイイ。

*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*

シリーズの途中みたいで知らない人いっぱいだったけど楽しめた♪
シングルパパで心優しく力持ちなヒーローと
世間知らずで素直な性格のおぼこいヒロインとのお話。

一応遭難物(?)なんだけど、ずっと雪山の話じゃなくて救出されてからの方が長い。
特になんて事件(あっ遭難してた)なく、ライバルなく、中学生もビックリの
ドギマギデートをしちゃう二人。すさんだ私の心に忘れてた何かを思い出させた・・・(笑)

ヒロインパパはイカンねー度☆5
また読みたい度80%


ロマンスを読みすぎる弊害って 素直な気持ちでロマンスがみれなくなると
いうか・・・すぐ「どうせ半分ぐらいきたらホットなシーンでしょ」とか
(私はコレを『ロマンス半分ホットの法則』と読んでます←そのまんま・笑)
「この流れできたら、ヒロインとばったり会ってこうなるんだね」とか
先が読めちゃうというか・・・
自分でも「私ったら、いろいろ勘ぐっちゃって夢がないな~」って思うときある(笑)

だから、時々こういうカワイイロマンスの本を読むと
心洗われるような気がするんだよねー

まぁ、腹黒さは変わんないけどね☆ web拍手 by FC2
 









        
 
http://dokudokidokusyo.blog58.fc2.com/tb.php/44-a6a1addd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。