categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
categoryラズベリーブックスの王子さま

「真夜中の愛でつらぬいて」 エマ・ホリー

trackback0  comment0
真夜中の愛でつらぬいて (ラズベリーブックス)真夜中の愛でつらぬいて (ラズベリーブックス)
(2011/02/10)
エマ・ホリー

商品詳細を見る

「フィッツジェラルド家の面々はエドマンドの血縁である
パーシーの城に来ていた。

スイスから逃げ延びたリー・ホアとフランクが復讐のために
ここを襲撃するのではと考えたためだった。
しかし、ふたりは現れず、代わりに一行のもとに届いたのは
アメリカに戻ったペネロペが襲われたという知らせ。

リー・ホアたちはある力を秘めた小箱を手に入れるために
アメリカに渡っていたのだ。

万全ではないエドマンドとエステルをイングランドに残し、
ペネロペを救うため、一行は旅立つ。

旅の途中、ペネロペへの愛を確信したグレアムは
再会したペネロペを心配するが、彼女の態度はかたくなだった。
ペネロペもまたグレアムへの愛に気づいていたが、強がり、
自らの気持ちすら信じようとしない。

グレアムはペネロペの心を開かせることはできるのか?

博覧会に沸くシカゴへと向かった一行を待ち受けるのは―?
20世紀初頭を舞台にしたスーパーホットな
ヴァンパイア・ロマンス、ついに完結。」

ロビンまた出なかった;;

王子さま度:
グレアムのおバカアプローチを笑うか、
教授の深く考えすぎな性格を嘆くか。

ベンが一番王子さまでした。
・・・いやデュラン?

*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*

あんなに固く結ばれていると思った教授と
エステルの絆にヒビが!!Σ( ̄□ ̄;)
ここにきて教授の考えすぎの悪いトコ噴出(笑)

それでもケンカにすらならないのが
エステルの心の広さ(鈍感さ?)のおかげでしょう ( ̄ー ̄)

長男グレアムもあんだけイロイロ(エロエロ・笑)してたのに、
今さら!?な奥手アプローチに笑った( ̄m ̄*) 
ペネロペの過去とかもっと知りたかったな~。
すぐにホットシーンで誤魔化される感じがしてならない(苦笑) 

まぁ大団円・・・でしょう。

あの3人組が謎度☆5
また読みたい度30%


あの最後思わせぶりな3人組は何なのーーー??

教授とペネロペパパとデュラン?????
あのシーンがなんで必要だったのか理解できない・・・
Xセクションにそんな重要性があるのか?(次のシリーズにつなげる為???)
 
深みとかはないんだけど、3冊ともサクッとは読めます。

「真夜中にかわす口づけ」 
「真夜中の運命に抱かれて」 の最終巻。


しばらくエマホリーはオナカイッパイなあなたも
そうでない方もポチッとな♪


人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログへ FC2ブログランキングへ
励みになります。ありがとうございました

これを3ヶ月連続で出したラズベリーさんスゴイね(勇気ある)
・・・いや連続で出したからよかったのか??




web拍手 by FC2
 









        
 
http://dokudokidokusyo.blog58.fc2.com/tb.php/241-37269cdb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。