categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
category二見文庫の王子さま

「凍える心の奥に」 リンダ・ハワード

trackback0  comment2
凍える心の奥に (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)凍える心の奥に (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)
(2010/11/22)
リンダ・ハワード

商品詳細を見る

「アイスストーム ( 着氷性悪天 ) が直撃した
山奥の一軒家にひとり、取り残されてしまったロリー。

さらにそこへ、拳銃を持った麻薬中毒者の二人組が
強盗に押し入ってきて、彼女は監禁されてしまう。

どうにかして逃げ出そうと奮闘しているところへ、かつて
いがみ合っていた高校時代の同級生ガブリエルが救出に現われる。

なんとか家から脱出し、氷におおわれた真っ暗な森のなかを
街へと向かうふたり。だが、強盗が拳銃を手に追ってきて…」

「ダイヤモンドダストー!!!」   By氷河
(なんとなく思い出しました☆)

王子さま度:
責任感あるマッチョ軍人王子さま。

いや。悪くないヨ。普通なだけ☆

*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*

芯の強いヒロインとサバイバル能力ある軍人ヒーローとのお話。

アイスストームの過酷な状況下での二人の逃避行が
リンダらしく思ったより楽しめた。

けどロマンスが「吊り橋理論」の域を出ないというか・・・
熱さが感じられないというか~(´-ω-`;)ゞテキトーにくっついたみたい。 

リンダ・ハワードだから期待し過ぎちゃうのかな? 

遠距離恋愛になったら別れそう度☆5
また読みたい度20%

はぁぁぁぁ。
もうリンダにこの↓熱さを求めちゃダメなのでしょうか?

青い瞳の狼 (二見文庫―ザ・ミステリ・コレクション)青い瞳の狼 (二見文庫―ザ・ミステリ・コレクション)
(2000/05)
リンダ ハワード

商品詳細を見る

満たされなかったので、家にあったこの本読んでみました。

ジョン・マディーナ。
内容的に詰めの甘いところあるけど
やっぱりオモシロかった~。

リンダヒーローの中ではすごく我慢強いと思う・・どう?(笑)

リンダは特別ってあなたもそうでない方もポチっとな♪

励みになります。ありがとうございました

私のロマンス人生は、リンダ・ハワードから始まりました。
始めての本は・・・・・・MIRAの「もう一度愛して」(薄笑)

まぁ読んでもらったらわかるけど、かなりの
横暴傲慢ヒーローで「ハァ~???」行動多し。

何故よりによってこの本をチョイスしたのさ??
よくコレでロマンスにハマれたね☆な本。
かなりイケてないと当時も思ったんだけど

ライバル女の告白にショックを受けて出て行ったヒロインを
ボロボロになりながら追いかけていくヒーローが
私のキュンのツボにストライクしたのですな
このパターン今でも大好物です

乙女の皆様は、どんな本からこの世界に足を踏み入れたのでしょうかvv


web拍手 by FC2
 
こんにちは(*^∇^*)
リンダ・ハワード、私も大好きです。
『青い瞳の狼』をはじめとする二見のも熱~くてイイですけど、
ヴィレッジの『天使のせせらぎ』などウェスタンも好きだなぁ。
ちなみに『もう一度愛して』もとってもHQで(゚∇^d) グッ!!
最近はどうしちゃったんでしょうねぇ。

大昔に読んだのがシャーロット・ラムの『懐しのサルコンヌ』
ロマンス本とは知らずに読み、嫉妬するヒーローにキュンでした。

本格的に「この世界に足を踏み入れた」切っ掛けは
ジュード・デヴローの『時のかなたの恋人』
再びロマンス本とは思わずに読み、ホットさにビックリ.+:。ヽ(*'0'*)ツ ワオォ!!
ジュード・デヴローは他に翻訳されてなかったので、
その後はたぶんシャーロット・ラム辺りから読み漁ったんじゃないかなぁ。
そしてリンダ・ハワードなど大御所の作家買い。

地震酔いは、まだ少しあります(/_;)
余震は減ってきたようですが、時々自分だけ揺れてる気がする。
まぁ、夜はグッスリ眠れるので贅沢は言うまい(^o^)v
ウェスタン♪
こんにちはー♪
おコメありがとございますvv

> ヴィレッジの『天使のせせらぎ』などウェスタンも好きだなぁ。

あーっ!私も!!e-446これは、ヒロインが強くていいですよね!!
ふたりだけの荒野の二人っきりの逃避行も好みです~e-266
(レディヴィクトリアはヒーローが苦手・・だってヒロイン叩くんだもん)

> 最近はどうしちゃったんでしょうねぇ。

ですよねぇぇ。しょ~ぼんですe-263
スキな作家さんだからこそ、復活待ってますっ。

> 本格的に「この世界に足を踏み入れた」切っ掛けは
> ジュード・デヴローの『時のかなたの恋人』
> 再びロマンス本とは思わずに読み、ホットさにビックリ.+:。ヽ(*'0'*)ツ ワオォ!!

やっぱり、今までにない展開ってのがハマるきっかけでしょうかvv
嫉妬とか独占欲とかロマンスにしかないですもんね。
今でもこのキーワードにキュンキュンくるわ(笑)

> 地震酔いは、まだ少しあります(/_;)

ぐるぐるしますか;;うぅぅ~;;
無理しないで下さいね。

ムスメはーんが、春休みに入っちゃったので
なかなか本を読めてません~。
本を手にとってはおき・・・って感じです。とほっ。









        
 
http://dokudokidokusyo.blog58.fc2.com/tb.php/196-17ffb813
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。